ゴルフボールに座るだけで良くなる!

カンタンで不思議な股関節ゆるめ療法

【適応症状】

膝、腰、坐骨神経痛、股関節痛、五十肩、脊髄小脳変性症、胃腸便秘、下痢症、小便の悩み、ロコモティブ等々 多くの症状に劇的&即効


●健康雑誌「元気いちばん」(5月29日発売予定)でも紹介されている富田林市の金田和子さん(70歳)、国の難病指定であり治らないとされる脊椎小脳変性症が改善し元気に活躍している。運転時にもゴルフボールを活用。

●河内長野市のC子さん(82歳)は階段から落ちて恥骨、坐骨を骨折し、骨折は治ったが両側の坐骨神経痛、左五十肩で痛くて眠れなかったが、一度の指導で大きく改善し、後は自分で実践し、とても快適な身体に。

●柏原市のH子さん(31歳)は、病院や整骨院へ通っても治らないと諦めていた腰痛と肩こりで悩んでいたが、ものの1分で解消することを実感。股関節で止められた血流が全身に悪影響を与えていた。

●孫が走ってきて抱き付き、後ろ向き倒れて腰椎にヒビが入り、ヒビは治ったが腰痛に悩まされていた富田林のI子さん(70代)も一度の指導で腰痛が消え、整骨院へ通うより効くと実感、それ以来自分で実践し調子抜群。

●狭山市在住の空手家H氏(50歳)は左膝が痛くて常に分厚いサポーターをはめていた。ゴルフボールに座るだけで膝痛が激減し驚いていた。膝には触れることは無かったのだから不思議なのである。

●ジムで出会った河内長野市の壽見昇氏(81歳)の曲がった腰を気の毒に思い、伸ばしてあげようとゴルフボール療法を指導したら直ぐに伸びるのを実感し、ご自分でも実践している。

















 

ふらつき、酔い、酷い冷えで、真っ直ぐに歩けない、脚に力が入らない、どこの医療機関で調べても原因不明で治せない和歌山市のN氏(55歳)はゴルフボールに3分座っただけで、直ぐに良くなり真っ直ぐに歩けてしまった。それまでは、股関節を揉んだりの施術をしていたが、座るだけが特効であり、指導した私もビックリ。

原因は股関節の血流悪化だったのである、特に股関節の違和感は感じていなかったが。


座るだけ、寝るだけの簡単療法研究開発キャンペーンの特別価格(6月15日まで)

「このウェブを見た」で1000円で指導。あとは自分で実践できる!

     

【指導場所】大阪府河内長野市美加の台6-2-9 

または

大阪府柏原市本郷3-3 巍桜流拳法(ぎおうりゅう けんぽう) 柏原本部道場内

出張指導ご希望の方はご相談下さい 

国際足健法協会 (こくさい そくけんほう きょうかい)

原田 秀康 

連絡先090-1953-6232

TOPへWelcome.html